Wannabees

人の世の「あったらいいな」と、その解決法まとめ

「デキる人間になってちやほやされたい」への解答

「デキル人間になってちやほやされたい」

出所:ドラえもん1巻[1974]「一生に一度は百点を…」

 デキる人間になって、周りの人にちやほやされたい。
小学生の頃、クラスの人気者になりたいなぁと、クラスの人気者を見て、思ったことがあった。

 父親の仕事の都合上、転校することが数回あって、そのたびにすでにあだ名で呼びあうようなコミュニティのなかで、名前すら知られていない状態から始めるということを繰り返していた。
 幼心の中、結構しんどい思いをしたこともあった気がする。

 新しい世界に飛び込んだ自分がやったことは、そのコミュニティで流行っている遊びで1番うまくなることだった。
 特に友達が欲しくて狙ってやっていたわけではないけど、友達と遊ぶ中でその遊びにのめりこんで行って、結果的に一番うまくなって、友達といつも遊んでいたという感じだった。

 大人になってみて、幼馴染みがいないので、幼馴染みがいる人を羨ましく思うこともあるものの、転校の経験はそれはそれでよい経験だったと思えるから、それでいい。

 のび太は勉強ができるようになって、ちやほやされたらなぁ…と思っている。けど本気になってやらないし、集中できないから、よい成績はとれない。大人には叱られ、友達には見下される。
 今日は友達と集まる約束があるのに、宿題がなかなかはかどらない。

f:id:wannabees:20140906170214p:plain
f:id:wannabees:20140906170241p:plain

ドラえもんの解答「コンピューターペンシル」

 コンピューターペンシルを手に取れば、さらさらっと問題が解ける。
 しずかちゃんのパパの仕事までささっと片づけてしまうようなレベル。

f:id:wannabees:20140906170323p:plain
f:id:wannabees:20140906170333p:plain

人類の解答「コンピュータ」

 仕事をより効率よく進めるために人類が発明したのが、計算機だったり、パソコンであったり、インターネットであったりするだろう。

 このドラえもんの当時1974年は、きっと、自分の頭でうんうん考えないと答えが出せなかった。
 今となってはGoogle先生に聞けば、QandAレベルの問いであればその答えをすぐに教えてもらえる。

 人間は個々人の頭の中だけでなく、人類の知能の蓄積を簡単に参照し、使用することができるようになっている。
 ドラえもんの話から40年、すごい時代になったもんだなあ。

 けど、地頭のみの試験とかの場では、のび太も良心の葛藤から使わなかったけど、地頭以外のものを使っちゃダメだよな。
 ルールは守らないといけない、ズルはかっこわるい。

 個人として突出するには、コンピュータの使い方であったり、コンピュータでできない部分はやはり地頭であったり、そういった能力を鍛えていくしかないだろう。

現在の解決状況まとめ ★☆☆:一部解決

・コンピュータが無い時代に、自分にだけコンピュータがあれば突出できただろう。けどいまやそれは誰もが持っている。
・遊びでも仕事でもなんでも、まわりから突出するには道具の有無による差違は一時的だから、それをどう使うのか、使って何を産み出すのかにこだわって生きていくしか方法はないんだろうなぁ。
・ものに金を使うより、経験に金を使うべし。こういうことなんだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加