Wannabees

人の世の「あったらいいな」と、その解決法まとめ

「自然のエネルギーを利用したい」への解答

「自然のエネルギーを利用したい」

出所:ドラえもん40巻[1990]「台風トラップと風蔵庫」

 自然のエネルギーを利用したい形に自在に変換して使えるとしたら、自然の脅威がそのまま、人間の便利な力になるだろう。
 例えば、雷。もし雷を蓄え、自在に使用できるようになったら、スマホなんか一瞬で充電できるんじゃないか。(イメージ。電気側じゃなくて充電池側の進歩が必要?)

 ドラえもんの世界では、台風が来ているところ。ドラえもんいわく、台風の力は核爆弾が問題にならないくらいだと。

f:id:wannabees:20141114094147p:plain
f:id:wannabees:20141114200453j:plain
f:id:wannabees:20141114200512j:plain


ドラえもんの解答「台風トラップと風蔵庫」

 ドラえもんは、台風トラップと風蔵庫で台風の風を蓄えることにした。
 蓄えた風を使えば、物に台風の力を持たせることができる。割り箸につければ庭の草むしりに。洗濯機のなかに放り込めば壊れた洗濯機でも稼働できる。濡れた頭につければ、ドライヤーに。はたまた自分の体につければ、ジャイアンらの攻撃から身を守る鎧にまでなる。
f:id:wannabees:20141114094230p:plain
f:id:wannabees:20141114094253p:plain


人類の解答「発電」

 人類はというと、自然のエネルギーを電気に変えることで同じことをしている。電力会社がしているビジネスがまさにこれ。
 石炭や石油による火力発電、水の流れを利用する水力発電、風の力を利用する風力発電。いまでは、国の電力の構成比としてはぐっと減ってるけど、原子力の力を利用する原子力発電、など。
 電力会社は自然の力を人為的にコントロールして、タービンを回すことで、汎用的につかえる電気に形を変え、供給している。そうして作られた電気を使って、人々は生活を豊かにしてきた。すごい発明。

システムトークス ナノ発電所セット Ver.2 サンパッドバージョン NPP-300LP2SPD40

システムトークス ナノ発電所セット Ver.2 サンパッドバージョン NPP-300LP2SPD40

 いまでは、個々人で太陽光を使って発電までできる時代になっている。すごい進歩。

現在の解決状況まとめ ★★★:解決済み

・人間は、自然のエネルギーを電気という形に変えて、利活用できている。
・もっと低コスト高効率にするとか、高安全性を担保するとか、そういった改善の余地はさまざまあろうけど、それは別の機会に考えてみたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加