Wannabees

人の世の「あったらいいな」と、その解決法まとめ

「晴れたらいいな」への解答

「晴れたらいいな」

出所:自分です[2014]
f:id:wannabees:20141029102845j:plain

 どんどん秋めいてきている。女心(男心)と秋の空というように、秋の空は移ろいやすい。そんなこんなですが、子どもがうまれてから、「晴れてほしいな」と思うことが多くなったような気がする。

 自分一人だった頃は、雨だったら雨だったで家でのんびりごろごろ本を読んだりすることだけで満足に過ごすことができた。それに多少雨でぬれてもなんともないと思っていた。
 けど子どもは、一日中家の中じゃ飽きてしまう。公園とかピクニックとか旅行に行く時も、雨が降るとだいぶ大変になる。傘さしながらベビーカーを押したり、濡れないか気になって、ずっと抱っこしたり。なにかと大変だからだ。

 ドラえもんの世界では、週末の天気予報が雨で、しずかちゃんメソメソしている。週末ピクニックに行く予定だったんだって。雨の予報でメソメソするなんて、しずかちゃんかわいらしいなあ。

出所:ドラえもん12巻[1976]「天気決定表」
f:id:wannabees:20141029092651p:plain
f:id:wannabees:20141030105843p:plain

ドラえもんの解答「天気決定表」

 ドラえもんに「天気決定表」を出してもらっていたのび太は、週末の天気を「晴れ」に変えてしまうことにする。
 「天気決定表」に、日別時間別に天気を記入すると、そのとおりの天気になる。未来の世界では、気象庁が天候を決めるらしい。農作物、経済の動き、社会情勢とかをにらみあわせて決定して、「天気決定表」に記入しているらしい。すごい権力。

f:id:wannabees:20141029093152p:plain
f:id:wannabees:20141029093420p:plain

人類の解答①「てるてる坊主」

風鈴 てるてる坊主 AR-1357-1

風鈴 てるてる坊主 AR-1357-1

 現代の天気は、雲の状況、風の向きや強さによって決まる。人が何か大きくコントロールできるものではない。
 けど、昔から天気を変えられるという言い伝えとして「てるてる坊主」なるものがある。上のてるてる坊主は風鈴になっている。晴れてほしいときにつるすと、子どもが喜んでメソメソしなくなるかもしれないし、天気もよくなるかもしれない(もちろん、ならかいかもしれない)。

人類の解答②「人工降雨装置」

人工降雨 - Wikipedia

 現代人類は、人工降雨装置で天候に働きかけることができるようになっている。渇水対策を目的として、世界では、もちろん日本でも、研究が進められているし、東京都も人工降雨装置を保有している模様。おそらくだけど、風上で雨を人工的に降らせれば、風下の場所を人工的に晴らすこともできるのだと思われる。(ワンピース知識)

現在の解決状況まとめ ★☆☆:一部解決

2014/10/29現在
・個人レベルでは天候はコントロールできないが、国や特定の公共団体は、人工降雨装置を保持するに至っている。しかし雲が無い場所に一から雲を作ることはできず、雲を育てるレベル(雨量を増やすレベル)にとどまっているよう。(wikipedia情報)
・天気をコントロールしたいという思いは、「てるてる坊主」という形で、長年人類に受け継がれてきているのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加