Wannabees

人の世の「あったらいいな」と、その解決法まとめ

「いつどこで何をしてもよい、そんな自由な世界がほしいなぁ」への解答

「いつどこで何をしても誰にも何も言われない、そんな自由な世界がほしいなぁ」

出所:ドラえもん3巻[1974]「ゆめの町、ノビタランド」

世の人々は、たくさんのルールの中で生きている。

学校には校則が、会社には会社の規則や業界の規制、家庭には家庭内の役割分担やごみ捨てルール、世の中全般には法律がある。
そういったルールで人々の行動を律しないと、構成員各々の快適さというか居心地のよさというか、秩序が保てなくなるからだろう。

秩序が保てる反面、秩序のうちにいる人間にとっては、それはとても窮屈なものでもある。窮屈な監視から解放されて、何にも縛られることのない自由を求めたくなる、そういうことってある。

のび太がローラースケートで遊んでいる。家のなかで遊べばママに叱られ(家のルール)、道路で遊べば車のおじさんにどなられる(道路のルール)。
誰にもとやかく言われずに遊べる、そんな環境を求めている。

f:id:wannabees:20140925070420p:plain
f:id:wannabees:20140925070435p:plain

ドラえもんの解答「ポラロイドインスタントミニチュアせいぞうカメラとガリバートンネル」

ドラえもんの解答は、「ポラロイドインスタントミニチュアせいぞうカメラ」で、家やお店のミニチュアを作成し、「ガリバートンネル」で小さくなって、ミニチュアの世界で遊ぶというもの。

f:id:wannabees:20140925070459p:plain
f:id:wannabees:20140925070509p:plain

人類の解答?「シルバニアのおうち」

精巧なミニチュアのおうちといえば、シルバニアのおうちだ。昔、妹ととリス?だのウサギ?だのを使って、遊んでたなぁ。
これで遊ぶと、何をしても誰にも何も言われないウサギさん?の気持ちになって遊べてた。
気がするけどそんなわけないよなぁ。。

現代人類は、まだ人の体を小さくするような技術は手に入れられていないみたい。もし、物質を機能も構成もそのままに小さくすることができるとしたら、ドラえもんの世界は現実にできる。生きているうちにできるかな。できたらいいな。
でも、大きく戻るものも同時にできないと、こわいな。。
小人の生活を見てみたいならアリエッティ。大きな人間がいる世界では、小人の暮らしも楽じゃない。決して自由ではない。

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

人類の解答「考え中」

どんな解答、アイディアがあるだろう。よかったら、皆さまの解答を聞かせてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加